blog index

ふぃっしんぐ ふろっぐ

  2004年8月22日から始めたのか。途中計6,7ヶ月休んだけど・・・。
  検索の多い記事は、随時、右の方に別カテゴリ化します。
  
  文 字 サ イ ズ は 「 最 小 」でお読みください。

<< トラックバック受付再開のお知らせ | main | 白文字 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
向田邦子「男どき 女どき」を読む
この一ヶ月、まったく更新してませんでした。
みむさんから言われ更新する私。
「更新しろ」と言っていただければ嬉しくていつでも更新(*・ω・*)。









て、書きながら気づいたんだけど、

JUGEMって

なったんだ!

(読みにくいって言うな)


うわーー。色々新しい機能がいっぱいだJUGEM(´・ω・`)。
プチ浦島気分。文明の発達についていけないうわー鉄のいのししじゃー。(/TωT)/



この一ヶ月色々ありました。
嬉しいこと、楽しいこと。
とりあえず、大事なことは、





バ ス ト サ イ ズ の 変 化 は

あ り ま せ ん 。


(7月13日の日記を参照)



まだ効かん。効かんぞバナナジュース\(`ω´;;;)/。


・・・


・・・


・・・



・・・それでも諦めずに続けるよ(・`ω´・)。
私もさぼった日もあったから、
効果がでるまで時間がかかってるんだよね。
きっとそう。
効果はある。くーるー。きっとくーる。
くるさ・・・。



















しょっぺえ、

しょっぺえわたしーーー!!!!_| ̄|〇







      メール      メール      メール      メール      メール      メール


本日のおすすめ


向田邦子『男どき 女どき』
新潮文庫  ¥362

何事もうまく事がすすむ時を「男どき(おどき)」、
めぐり合わせの悪い時を「女どき(めどき)」というらしい。


そんな人生の折々が綴られた、短編4編とエッセイからなる本。


冒頭の短編「鮒」は、平凡な家庭を持つ男のおはなし。
何者かによって台所に置かれた一匹の鮒が、彼に「女時」を連れてくる。


いわば「男らしい女時の有り様」を描く「鮒」は、
女の私には、なんだか主人公が滑稽で哀れで、
ほほえましくもあり苦笑いをしながら読ませてもらった。
ところが、ある読者感想文で、「非常に怖い」というコメントに遭遇してびっくりした。


向田邦子は、「男」と「女」の微妙なズレを、
どうしてこんなに愛嬌をもって書き綴ることができるんだろう。


若くして飛行機事故に会われたことが、一読者として大変悲しい。



私は向田邦子の文章が昔から好き。
まったく作品を読み重ねていないんだけど、
親しみやすい文章なのに、
気品のある謙虚さを感じるのはとても不思議。


主義や主張を、お盆に載せて「はい、どうぞ」と頂いている感じがして、
いつも謙虚でない自分に気づかされて顔が赤くなる。







| ゆうこ | 日々 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:36 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://zzz-zzz.jugem.jp/trackback/67
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

bolg index このページの先頭へ